医学部 臨床医学呼吸器内科学Respiratory Medicine

JapaneseEnglish

研究室HP

2017 医局集合写真

北陸初の呼吸器内科として発足した当科は、呼吸器センター(RCU)を呼吸器病棟(38床)に7床持ち、肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息などによる急性呼吸不全に迅速に対応しています。睡眠時無呼吸症候群や間質性肺炎の診断・治療に関しても北陸地方の中心的役割を担っております。研究面ではCOPDを中心とした慢性呼吸不全、慢性呼吸不全に合併した肺循環障害に関する病態診断、発症機序の解明と新たな治療法の開発を目指しています。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8157 / FAX: 076-286-0980 / Email: respirat@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 栂 博久 呼吸器内科学2栂

特任教授

  • 長内 和弘

准教授

  • 水野 史朗

学内講師

  • 中川 研
  • 及川 卓

助教

  • 小島 好司
  • 藤本 由貴
  • 齋藤 雅俊
  • 高原 豊
  • 四宮 祥平
  • 加藤 諒

医員

  • 野尻 正史
  • 中瀬 啓介
  • 西木 一哲
  • 佐久間 貴士

主な研究業績

部門別研究業績

  • Osanai K, Nakase K, Sakuma T, Nishiki K, Nojiri M, Kato R, Saito M, Fujimoto Y, Mizuno S, Toga H. Exogenous gene transfer of Rab38 small GTPase ameliorates aberrant lung surfactant homeostasis in Ruby rats. Respir Res. 18(1):70, 2017.
  • Mizuno S, Ishizaki T, Kadowaki M, Akai M, Shiozaki K, Iguchi M, Oikawa T, Nakagawa K, Osanai K, Toga H, Gomez-Arroyo J, Kraskauskas D, Cool CD, Bogaard HJ, Voelkel NF. p53 signaling pathway polymorphisms associated with emphysematous changes in COPD patients. Chest, 152:58-69, 2017.
  • Kato R, Mizuno S, Kadowaki M, Shiozaki K, Akai M, Nakagawa K, Oikawa T, Iguchi M, Osanai K, Ishizaki T, Voelkel NF, Toga H. Sirt1 expression is associated with CD31 expression in blood cells from patients with chronic obstructive pulmonary disease.・Respir Res. 17:139, 2016.
  • Mizuno S, Ishizaki T, Toga H, Sakai, A, Isakova J, Taalaibekova E, Baiserkeev Z, Kojonazarov B, Aldashev A. Endogenous Asymmetric Dimethylarginine Pathway in High Altitude Adapted Yaks. Biomed Res Int, 196904, 2015.
  • Mizuno S, Ishizaki T, Toga H. Role of p53 in lung tissue remodeling. World Journal of Respirology, 28; 5(1): 40-46, 2015.

主な外部研究資金

  • 基盤研究(B) (海外)平成28-30年度
    研究課題:慢性低酸素性肺高血圧症の新規診断治療法の開発 -高地居住者の分子遺伝学的解析
    研究代表者:水野史朗 研究経費:総額 17,550,000円(直接経費:13,500,000円)
  • 基盤研究(C) 平成28-30年度
    研究課題:慢性閉塞性肺疾患における気腫多様性と治療反応性に関する分子生物学的解析
    研究代表者:水野史朗 研究経費:総額 4,810,000円(直接経費:3,700,000円)
  • 若手(B) 平成28-29年度
    研究課題: 前頚部軟部組織持続陰圧負荷による閉塞型睡眠時無呼吸の新しい治療法の開発
    研究代表者:齋藤雅俊 研究経費:総額 2,600,000円(直接経費:2,000,000円)
  • 基盤研究(C) 平成27-29年度
    研究課題: 急性肺障害におけるリゾリン脂質の解析と同アシル基転移酵素遺伝子導入の効果
    研究代表者:長内和弘 研究経費:総額 4,810,000円(直接経費:3,700,000円)
  • 基盤研究(C) 平成24-26年度
    研究課題:血管内皮前駆細胞に注目した肺気腫病変と肺気腫合併肺高血圧の病態解析
    研究代表者:水野史朗 研究経費:総額 5,330,000円(直接経費:4,100,000円)